- InformNapalm (日本語) - https://informnapalm.org/jp -

ウクライナの『ベルクト』機動隊の征服を着ているロシアのウリヤノフスク市からの31番空挺旅団の兵士によるクリミア議会の突撃

InformNapalm.org のチームは、ロシアの空挺兵が変装し、クリミアで内部抗争が起こっている振りをしたことを勘検した。いわゆる「クリミアの自衛隊」に対してロシアの官庁の嘘は長く続かなかった。クリミアの併合の数月後ロシアは自衛隊と民兵の不存在と、ウクライナのクリミアがバッジがないロシア軍によって占領されたということを公認した。

 

あの事件から時間が経てば経つほど、クリミアの『冒険』での委細が多くなっていく。イーゴリ・ストレルコ フ(ギルキン)氏はクリミアの投票について「民兵は議員を決定させるために集め、議事堂に入らせた。私は民兵の指揮官の一人として内部から自分自身で全て見た。」と言ったことを、覚えているのでしょうか?

 

着替えした「緑色の人々」の他に、「クリミアの自衛隊」に入ってしまう元ウクライナの機動隊のテーマが討議されてばかりであった。

 

しかし、あの逆徒の機動隊は着替えたロシア軍人だったと判明した。ドンバス州で両足を失い、有名になったニコライ・コズロフと言うロシア空挺兵を、覚えているのでしょうか?

写真:ニコライ・コズロフは父親と一緒に。コズロフ氏の胸に「クリミアの回収のため」と書いてある勲章が付けてある。

写真:ニコライ・コズロフは父親と一緒に。コズロフ氏の胸に「クリミアの回収のため」と書いてある勲章が付けてある。

 

「ノヴァヤ・ガゼタ」によると、21歳の自動車整備士のニコライ・コズロフ氏は、2013年7月まで31番空挺旅団の73612番ユニットで兵役努め、2013年8月1日から同じ所で職業軍役で努め続けた。

ウクライナ警察の征服を着ているニコライ・コズロフ(左)。ニコライの父親のVkontakteページにある写真(2014年5月)

ウクライナ警察の征服を着ているニコライ・コズロフ(左)。ニコライの父親のVkontakteページにある写真(2014年5月)

ニコライ・コズロフ氏の最初の戦闘任務はクリミアであった。初めに「知られてない丁寧な若者」の征服を着て、あとでクライナの『ベルクト』機動隊の征服を着ているニコライは新しい経国を護衛していた。その後、ウクライナの機動隊の征服を着ているニコライの写真はインターネットで蔓延された。ウクライナの機動隊の征服を着ているロシアの空挺兵が2月に起こったマイダンの解散にも参加したのではないかと、たくさんの人が示唆していた。あの写真はクリミアの議会の廊で取られたと、セルゲイ・コズロフ氏、ロシアの空挺兵の伯父が主張している。ウクライナの機動隊の振りをしたニコライはあのビルを守っていたそうである。

 

「クリミアの回収のため」という勲章を付けたニコライはウリヤノフスク市に帰り、結婚した。しかし、8月にまたウクライナに行き、すぐ両足を失い、身障者になってから帰国した。

 

ニコライの負傷は家族に全く異なる反応を起こした。空挺兵のモスクワで働いているIT技術者である伯父のセルゲイ・コズロフ氏は、自分のFacebookページで「彼は命が終わるまで足がない身障者だけど、クリミアは我々の地域だ…。」と書いた。父親のフセヴォロド・コズロフ氏は、息子の行動が戦士の偉業だった、と判断した。

セルゲイ・コズロフ氏は「若者たちはバカバカしい。どこにもウクライナとクリミアで取った写真をアップしてしまう。」と言っている。

その通りに、ウリヤノフスク市の31番空挺旅団の兵士のプロファイルの調査したら、他のウクライナの『ベルクト』機動隊の征服を着ているロシア人の軍人が見つけられる。例えば、ロシア空挺兵であるアレクセイ・イヴァノフ氏。

(https://vk.com/id206011833 [1], アーカイブ–https://archive.is/Cy1Pe [2]):

写真に付けたコメントのアーカイブ: https://archive.is/DP98y [3](ロシア語)

 

この写真の詳細を見てみよう。金色の柄がある青い絨毯は、よく見られた絨毯のようである。あの絨毯は、占領されたクリミアの議会のについてのニュースでよく見られた。


Anton Pavlushko [4], InformNapalm.org.